2014-09-17(Wed)

キャラ紹介:Lou(長文注意)

PD_Lou01.png
一応メインキャラです。
ご存知の方も多いかと思いますが、飛鳥民以外はご存じない方も多いと思いますので、一通り紹介させて頂きます。
包帯戦士です。武士道は入っていますが、騎士とネクロは入っていません。
Mesonaには「騎士道も死霊術も使えない雑魚」だのと、評議会で陰口(笑)を色々言われてますが、雑魚か否かはともかく、騎士もネクロも入っていないのは事実です。

スキル構成は↓こんな感じです。
剣術 120
戦術 100
武士 110
盾 90
アナ 100
包帯 100
レジ 100

こんなキャラですが、全DOOMボス、全MLボス、全チャンピオン、全SAボス、全HSボス、コーラをソロで「何とか」撃破しています。
ソロで倒せてないのは、ハロワーエクソダスカリュブディス、デスパ(T)ボス(AndrosAdrian)、深海ボスってところですね。
何故、このようなスキル構成のまま、現在に至ったのか?
端的に言ってしまえば、「2001年頃からUOSA導入まで、ずっと非アクティブだったから」です。
課金はしていましたが、家の維持と、あとはバルクもらったりとか。
インすればもらえたプレゼントでも、記憶にないものがあったりしますね。
UOSEのときに、TMAFを集めに行った記憶はありますが、1回目のときだけで、そのときにもらえた駆逐の太刀がメイン武器でした。(というか、複数の武器を使い分けるとか、考えてなかったような……)
swordofthestampete.png
こんなものでレッサーヒリュウとか、ときにはヒリュウとかを相手にしてたのです。ヒリュウに張り付くことなど到底無理なんで、大ダメージを受けたら離脱して回復して、再び突撃して(以下略)ってやってた記憶があります。
信じられないかもしれませんが、「マナリーチって何?」という状態です。
DOOMの対岸へ行ったのは、UOSAが導入されて、練成が面白いので再びアクティブになった、そのかなり後だったかと思います。

そんな彼が、ボスソロ道に目覚めたのは、ファイア島に住んでた頃のお隣さんから、ゴーゴンレンズを頂いて、メデューサを討伐してメデューサ像をゲットして欲しいと依頼を受けてからでした。
ご存知の通り、メデューサは亜人種なんで、騎士なしでも武士があれば3倍上限まで達することもできるので、比較的倒しやすいボスだったのですが、最初のうちは終始張り付きで倒すことはできませんでした。
あの広い(しかし執拗に追いかけてくる敵相手では狭い)ボスエリアを逃げ回ることなど日常茶飯事で、瀕死のところを石像から解き放たれた雑魚に殺されるため、メデューサ出現時に、最初にどこに何の石像があるのかを(特に要注意のドラゴンとアンデッドガーゴイルがいる場所を覚えておくために)ボスエリアを一巡りしてチェックしてました。
あとは、アンクでレスキルされないために、途中で離脱して、アンク周りの掃除をしたり。まあ、死ぬのを前提に討伐をしてました。

結局、100回以上ソロで倒してもメデューサ像は出ず、ベンダーで売ってるところを発見して、そのお隣さんにお渡ししたのですが。
その間にDOOMの対岸に渡って、ソロでDOOMボスを狩ってみたのですが、保険金に加え、ボッタクリヒーラーに支払う蘇生代で、40万GPほど消えていたという悲しい思い出があります。何のAFをゲットしたのかは覚えてません。

MLボスに挑戦するのはその更に後でした。
最初にドレッドに戦いを挑んだのですが、死ぬわ死ぬわで、レスキルされないためにボスエリアの端で戦い、危なくなったら大逃げするという繰り返しでした。自己蘇生が切れて幽霊のまま、泣く泣くボスエリアを後にすることも多々ありました。
何度か挑戦して、ようやく討伐完了して、MLボスヴァージン(笑)を喪失したときには、かなりの感動ものでした。
一番討伐困難だったのは、トラベスティですね。包帯コピーされましたから!
分身に攻撃を無効化され、包帯で回復されながらも何とか1時間45分掛けて討伐達成。二度と行かねぇ!と思ったので、ソロでの討伐はこれ一回のみです。
次にキツイのはクリボスでした。死んで蘇生している間に回復されて、2時間のタイムリミットオーバーでボスが消えて、何が起こったのか理解できなかったこともありました。
最初に討伐したときには自己名誉を使いまくって、蘇生→自己名誉→突っ込む→しばらくは死なずに済む→やっぱり死ぬ(以下ループ。その間ボスに回復されまくる)を繰り返して、名誉が3段階から1段階まで落ちるぐらいのところで倒しました。確か1時間ちょっとは掛かってたような……。
最近は30分台~40分台で倒せるようになりましたが、主因は装備が良くなったからですね。
あとのドレッド、酸ボス、べドラム、木ボスは普通に倒せるようになりましたが、最速でも10分を切らずに倒せたことはありません。

沸きボスは、イルの謙譲&武勇から始めて、ネズミ沸きとかは比較的容易(といっても初期は死ぬことのほうが多い)でしたが、べドラム地下沸き、ドレッド沸き、ラビリンス沸きは1回のみです。
ラビリンス沸きは自己名誉使いまくり+イグノアひき逃げ繰り返しで討伐完了。
ドレッド沸きは武士道のモメンタムならタゲを受けないという、裏技なんじゃねぇのかと思われてもおかしくない仕様を使って、Swoopを連れてきて、金の変態さんやボスの隣でモメンタムを使い、HPを削るというやり方で何とか討伐完了。
しかし、何といっても一番辛かったのはべドラム地下沸き!
3段階目が装備を溶かすゲロを吐くゲロ鹿で、ここを超えるのが困難だというのはよく知られた話ですが、Louにとっては4段階目のほうが辛かったです。
クリボスが召喚する雑魚のfetid essenceが沸くのですが、コイツが索敵能力が高くて、Lv4の毒を使うのです。
Lv4の毒は、ヴァンプしてれば自動的に解毒されますが、オレンジの花びらでは解毒されず、その効き目を奪い、本来ならHPの回復に当てられるべき包帯の能力を奪うものです。これが複数襲い掛かってきて、回復が追いつかずに何度も殺されていました。狭いエリアなので、ボスエリアを脱出しないかぎり、逃げるのは不可能です。
ボスエリア内には蘇生できる場所などないので、べドラムから出て蘇生→再びボスエリアへ侵入を繰り返していました。
ボスが出現しても、雑魚が消えるわけではありませんし、隔離していた(隔離方法はこちら参照)ゲロ鹿が解き放たれたりして、安全な場所などどこにもない惨状。その中で、自己名誉の間だけでもとボスのHPを削る→自己名誉切れる→殺されるを繰り返して、何とかボスを倒しました。
討伐時間はきっちりと測っていたわけではありませんが、3時間は超えていたはずです。もしかしたら4時間以上かもしれない。ボス単体ならそれほど強いわけじゃないですけど、全ボスの中でもここが最凶でした。絶対に二度とやりたくないです。

でも、その1回の討伐で、トラベスティではテイム+ロアのマスク、べドラム地下沸きではPlague Beastスタチューが出たのですから、ソーサリアの唯一神(おいおい)、UO乱数様はちゃんと見ててくれていたのでしょう。

他にも、スラッシャーや、オシリドン、コーラなどを倒しています(オシリドン、コーラは一回のみ)が、それは既にソロ討伐していた方のブログを見て、見よう見まねで倒しました。
いずれも、討伐速度はかなり遅いです。
コーガルは結構な回数やっています。無死で倒せたこともありますが、大抵の場合は一回は死にます。複数回死んで、ルートされることもしばしばです。最近は複アカになって、船上にヒーラーを待機させることができるようになったので、かなり楽になりました。毎回自己蘇生を使うのはコストが高すぎるし、ボスエリアを出て、大海原を幽霊船で漂うのも辛いものがありますからね。

はっきり言って、「知恵の輪を腕力で無理やり曲げて解く」ようなことをやってきました。
それを可能にしたのは、何といっても、SA初期に比べれば格段に強力になった装備のお陰です。
(UO内の時間は現実時間の12倍速く流れているので、SA導入時点からみれば、現時点(2014年9月)でUO時間で60年ほどの月日が経っているということになりますので、その間に技術が大幅に進歩しても不思議ではないですが)

以上、長々と、取りとめも無く書いてきたエントリに付き合わせてしまって、申し訳ございません。
何故、この時点でメインキャラの紹介をしたかというと、これから起こすであろうRP(ロールプレイ)の展開で、Mesonaに罵倒されていたLouというキャラがどういうキャラなのかを、知ってもらう必要があると考えたからです。
スポンサーサイト
プロフィール

asukamagincia

Author:asukamagincia
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR